読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来のための公共

「今の政治、このままでいいの?」と思う方、一緒に声をあげましょう。

最低賃金1500円を目指して

社会への庶民の切なる声を発信しているのは「未来のための公共」だけではありません。

労働者の最低賃金の向上を求めて運動している若者のグループ「エキタス(AEQUITAS)」が4月15日、東京・新宿でデモをしました。主催者の集計では参加者数は約1500人。

「エキタス」は2015年秋から活動し、20代の若者が多く参加しており、小気味よいビートに訴えを乗せ、最低賃金の引き上げをはじめ、経済格差の解消や長時間労働の是正も求めています。

目指す最低賃金「1500円」。現在、都道府県ごとに定められている最低賃金は、最も高い東京都でも時給932円で、最も低い宮崎県と沖縄県は714円。仮に時給1500円で週40時間働くと、4週間で24万円になり、『健康で文化的な最低限度の生活』に近づくとしています。

若者たちの最低賃金いますぐ上げろ」「税金つかって貧困なくせ」「地域格差やめろ」「富の再分配を」との訴えは各地に広がっています。

このサイトは「未来のための公共」について自由に議論するサイトです。
脅迫等の犯罪行為に該当するコメントの投稿は禁止とします。